気分を改善する食品と食生活

健康第一の厳しいダイエットを続けることはそう簡単なことではないでしょう。健康的な食生活を送るためには食費もかかります。将来のためにも、食事には十分気をつけるべきだということは周知の事実です。私たちの体はたった 1 つ、健康よりも大切なものは他にありません。テレビドラマ「フレンズ」の登場人物のジョーイはこう言いました。「食べるのはほんの一瞬、でも贅肉は一生残るよ。」と。

より健康的な体と精神を手に入れるため、あなたとあなたの家族の食生活を見直してみましょう。あなた自身あるいはあなたの大切な人が精神的に不安定だったりうつ病を患っている場合、症状を改善するために以下のような食生活を心がけてみてください。

   1.体に良い炭水化物を摂取

炭水化物は精神状態に好影響を与えると言われており、それは非必須アミノ酸であるトリプトファンに関連しています、炭水化物を含む食品はトリプトファンを含んでいるわけではありませんが、インスリンが体内に放出されるように誘導します。インスリンは脳へのセロトニンの供給を促進しています。

多くのトリプトファンが脳内に入るとセロトニンが生成されます。セロトニンには幸福感を高め不安な気持ちを解消する気分安定薬のような役割があります。炭水化物を摂取することは精神の安定にとって重要なカギであると言えるでしょう。

炭水化物を摂取することによって体重が増えてしまうのではないかと心配な方には、全粒穀物、豆類、果物や野菜などをおすすめします。炭水化物の摂取をやめるのではなく、量を減らしたり、より賢い選択をするように心がけてください。

   2.緑の葉野菜を日々の食事に

濃い緑色の野菜も気分の改善に効果があります。子供のころから健康のために野菜を食べるべきだと言われている人は多いはずです。緑の野菜には多くの利点があることは科学的にも証明されています。

学校の保険の授業でもしばしば果物と野菜が与える健康への効能について扱われています。緑の葉野菜は絶望感や不安感などといった症状を緩和すると言われています。

ほうれん草、ケール、ブロッコリーなどの野菜にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。野菜にはカリウム、葉酸、ビタミン B 群、有益な細菌を養うプレバイオティクスなども含まれています。腸や認知機能の健康、精神状態の安定をサポートする役割があります。

   3.オメガ 3 脂肪酸

オメガ3 脂肪酸は重要な栄養素の 1 つであり、気分障害やうつ病の緩和に効果があると言われています。フラックスシード、クルミ、鮭などに豊富に含まれています。

オメガ 3 は脳の細胞膜を素早く通過し、感情を調節する化学物質に作用します。この多価不飽和脂肪には抗炎症作用があり気分の安定や落ち込みの緩和をサポートします。魚、アーモンド、フラックスシードなどは心身の健康維持に欠かせない食品であると言えるでしょう。

4.バランスの取れた朝食で 1 日をスタート

1 日をスタートさせる朝食は、3 食の中で最も重要な食事であると言われています。朝食抜きで学校や仕事へ行って、1 日中イライラした経験はありませんか?朝食を抜くと、胃腸の不調だけでなく気分のむらなど、さまざまな問題を引き起こします。素晴らしい 1 日を送るためにも必ずしっかりと朝食を取るようにしましょう。